引っ越し準備は何かと騒がしいのでご挨拶を忘れずに

サイトマップ

トップバナー

引っ越し準備のご挨拶

引っ越しの様子

引っ越し用意はたくさん

引っ越し用意は、荷造りをしたり、電気、水道、ガスの申請をしたりと、とても、 沢山こなさなくてはなりません。 なので、アパートの家主や、近所で世話になった人がいるなら、挨拶にまわることも、 早いうちに終わらせておかなければならないでしょう。

近所で、世話になった人がいるのに対して、引っ越しの日に、引っ越しを開始して、 その人が、引っ越しを知るというのは、大変失礼なこととなるでしょう。 なので、世話になった人には、引っ越し前に、挨拶をしなければなりません。 当日は、トラックが来て、公共料金の支払いもある中、荷物を運びだしたりと、 とても忙しくなるので、その中で、挨拶まで気が回らないでしょう。

挨拶する女性

引っ越し前の挨拶

なので、引っ越し前に、挨拶だけは、済ましておかなければなりません。 引っ越した後、「実は私、引っ越したのです」と、事後報告も良い印象は与えません。 土地を離れる時は、今までことを、ちゃんと礼をしておくことが、ルールとも言えます。 そして、引っ越しのとき、トラックの出入りで、迷惑をかける近所には、挨拶をしなくてはなりません。

アパートであるなら両隣、下の階の人に、引っ越しで騒がしい思いをさせてしまう人に、 「何日に引っ越しますのでよろしくお願いします」と、引っ越しの前に挨拶をします。 更に、挨拶や、礼に行く時、また、新居の貸主、近隣の方への挨拶には、 粗品を持っていくことをお勧めします。

挨拶に持っていくもの

贈り物イメージ

挨拶に持っていくものは、これといって高額である必要はないので、この時渡すものの値段は、近所だったら、 500円から1000円のものでよい良いでしょう。 そして、大家は2000円程度で良いのではないでしょうか。若い方で一人暮らしだった場合、 300円くらいでいいと思いますし、家族4人暮らしなら、それより少し高めが良いと思います。

ですが気持ちが大切となるので、とても金額が張るとあげた方もびっくりするので、 高額商品を買う必要はないです。更に、あげる物は、消耗品が良いといえます。 石鹸や、洗剤、入浴剤、タオルなどの日用品、ちょっとしたお菓子やクッキーで、 保存期間が長いお菓子の方がいいかもしれません。

すぐに食べなやならないケーキや生ものは、その日に会えない人もいるかもしれないので、 早めに用意しておけば日持ちが期待できないのでそこらへんも気を付けなければなりません。 更に、荷物にならない、図書券やビール券もとても良いと思います。 そして、地方から引っ越してきた時、地元の名産品が喜ばれるでしょう。

ポイント 引っ越し用意にとても忙しくて、挨拶のものを考えるのが面倒だと思いますが、大人としてのマナーとなるので、 挨拶は品物をもっていき、ちゃんとしなければなりません。 引っ越したのち、分からないことを聞いたり、お子さんが迷惑をかけたり、近所とはいつも関係があるので、 最初の挨拶が大切です。笑顔で簡潔に、気持ちの良い挨拶をし、新生活を開始してください。

引越し準備の荷造り方法の基礎知識