引っ越し直前に出すと回収が遅れる粗大ゴミの処分

サイトマップ

トップバナー

引っ越し前に粗大ゴミ処分

住宅イメージ

粗大ゴミの処分はとても面倒

引っ越しの準備に必要なことは、様々なことが言われますが、うっかり忘れるのが、粗大ゴミの処分です。 意気込んで、荷造りを開始してた後で、発覚するのですが、必要のないものが多くあったり、 ゴミとして処分対象になるものが多いことには、荷造りをしている本人も驚きでしょう。 すぐ処分が可能であるならば、ゴミ袋に入れて捨てれますが、家具や、家電など、 粗大ゴミの処分というものは、とても面倒なものになります。

通常のゴミの日に、ゴミ置き場に置いておく訳にはいきません。 その中には引っ越しの最中に、「この家具は不要だった!」など、粗大ゴミが出てしまう場合があり。 後々後悔する人もいます。引っ越し最中に発見したら、これは手遅れとなり、新居に運ぶしかないでしょう。

回収車イメージ

回収までに時間がかかる場合も

そういった事にならないために、ゴミの処理準備は完璧に行わなくてはなりません。 そして、引っ越しで荷造りを終わらせていくと、勝手が違うため、新居では不要なものが出るでhそう。 燃えるゴミ、不燃ゴミで、通常のゴミ回収に出せるゴミであるのなら、解決しますが、 粗大ゴミを出すとなったら、手続きし回収までに時間もかかってしまいます。

粗大ゴミは、規格してあるゴミ容器に入らない巨大なゴミで、処分するには、費用が必要となります。 格の自治体により、粗大ゴミの収集が月に1回のみである、2回ほどくるなど、 大体が少ないので、申し込むタイミングを考えなければ予期せぬ荷物となってしまうようです。

粗大ゴミの処分続き

重たい荷物

新しい住まいに粗大ゴミを持って行って、新居で処分するには、手間がかかるので、 出来るだけ、引っ越し前に捨てておきたいものです。 引っ越した家に、粗大ゴミを放置するなど、ルール違反となることはしてはならないので、 引っ越しの準備段階で粗大ゴミについてもきちんと考えなければなりません。

更に、粗大ゴミがとても多く、そして、新居への引っ越しを急ぐ必要がないのでしたら、 粗大ゴミ回収が終了してからの日程で、引っ越し日を決定するというのも、1つの策ではないでしょうか。 粗大ゴミ回収日を最優し、処分が終了したのち引っ越し日の指定をしたらどうでしょうか。 大体の市区町村では、コンビニ、スーパーといった場所で、粗大ゴミ処理券を買え、回収日に貼って外に置きます。

事前に、電話やネットで、粗大ゴミ回収の申請しなければなりませんが、 品物名や大きさも伝える必要があるので、準備とし重さや大きさを大体で良いので調べておきましょう。 自転車は、タイヤの大きさを明確にする必要があります。

ポイント 電子レンジは、何kg以上、何kg以下とか、重さで判断されるので、計測しなければなりませんが、 取り扱い説明書があるなら、重さが何kgか、提示してあるので、準備とし確認する必要があります。 説明書がないケースでは、自分がよく行いますが、体重計に電子レンジを持った状態で乗ります。 更に、自分の体重を引けば、約何gの電子レンジであるのか、一目でわかるでしょう。このような簡単な方法でも案外引っ越し準備の 役に立つものですよ。簡単な知識ですが、こういったものを活用できると大きな差になって返ってきます。

引越し準備の荷造り方法の基礎知識