早めに申請しなければならない電話移転

サイトマップ

トップバナー

電話の移転

電話機

電話の移転をする手続きについて

引っ越しの前に、行わなければならないのは、荷造りの他に山積みです。 思いつくものを、リストに書いておいて、忘れないように終わらせなければなりません。 ここは、引っ越し準備に、必要不可欠な、電話の移転をする手続きについて書いていきます。

引っ越しが決定すれば、すぐさま、荷造りを始める人が多くいます。 荷造りも早めに開始させておけば安心でいますが、荷物を詰め込みながらも、他にやることがあります。 引っ越し準備の内容の中で、早めに手続きしたいものが、電話の移転となります。 引っ越し日が決定し、移転先の住所も決まっているなら、早目の申請をお勧めします。

電話で手続き

電話の移転手続きはかなり簡単

今は、ひとり1台の携帯電話を持っている過程も多くありますが、今でも、 固定電話がある家庭は多々あります。そういった場合には、引っ越し先であっても、 瞬時に、電話の使用が可能となるようにしておかなければ、とても不便となるでしょう。 その場ですぐさまに電話が開通していると不便が減るので、引っ越しが決定したら、 すぐ、電話移動の申請をしなければなりません。

電話の移転手続きは、かなり簡単なもので、局番は不要、116番に電話をすればいいのです。 移転手続きに必要なことは、何個かあり、担当者に、様々な質問をされるので用意が必要です。 最初に、今の電話番号、更に、契約者名義、現住所、移転先の新住所、 使用している電話を止める日の日程、新居への取り付け希望日を明確にする必要があります。

電話の移転続き

移転が多いシーズンは、引っ越し準備で、電話工事を申請する人が多く、工事のスケジュールも、 混んでしまうので、希望日に移転工事が可能でない場合があるので、早めの申請をオススメします。 そのうち、3月4月ごろは混雑しているので、早目の手続きで希望日を指定し、準備万端な状態が良いです。 更に、電話を停止したのちに流れる自動アナウンスの選択も可能となります。

「この電話は現在、使われておりません」や、「移転先の電話は何番です」といったものや、 新しい電話番号を流すことも可能となっています。費用は工事内容によって違ってきます。 工事と言っても、電話を停止するのみなら、電話会社の人が訪問したり、何かをする訳ではないので、 電話局内での工事となるので、在宅はしなくてもいいようです。 引っ越しにより、電話番号が変更される時は、 7日以内であれば、新旧、両方で、電話が使用可能となります。

電話対応する男性

そして、引っ越す先が実家であったり、嫁ぎ先だった場合、結婚で2人とも電話加入権があるとき、 更に固定電話があるならば、電話の権利を少しの期間停止することも可能となります。 電話権利を所持した状態で、使用のみを休止する申請となります。 家に電話回線は2つもいらないですし、毎月の基本料金がとても勿体ないので、 使用していない電話は休止工事を行ってもらいましょう。

ポイント 工事費2000円ほどで、電話を使用停止にすることが可能で、その状態で使用休止が可能です。 使用しないというのであれば、加入権を引き取ってくれる民間業者もありますが、 その値段は、あまり良いものではないようです。 これから、使用する可能性が多少でもあるなら、権利は持った状態でいるのが良いで しょう。後々何かあった時に権利があるのとないのとでは全然違います。もし金銭面で困った時に売ることもできるので 貯金のようなものなのです。

引越し準備の荷造り方法の基礎知識