それぞれの移転届を提出する住所変更

サイトマップ

トップバナー

引っ越し準備と住所変更

気がつくイメージ

各種の移転届けの申請

引っ越し準備でうっかりしてはいけないのが、各種の移転届けの申請です。 公共料金といったものは、生活上必要で、電力やガスの移転書類などは、うっかりしていてはいけません。 なので、様々な移転届けの申請の仕方を書いていくので、少し見てもらいたいです。 今から引っ越し準備をする人は、これを、準備リストに入れておくと必ず役に立つでしょう。

最初に、電気の時、検針表、そして、領収書に電話番号が記載してあるので、管轄した電力会社の支社へ 電話をしなければいけません。契約者、本人が電話を入れ、次の事柄を伝えます。 現住所、契約者氏名、引っ越し日程、新居の住所、お客様番号といったものでしょう。 お客さま番号は領収証に記載してあるので、準備しておけばスムーズに終わるでしょう。

手続き中の女性

スッキリと精算を終えることが可能

前の日に電話を入れ、急に「明日、引っ越します」といった事では、手続きそのものが難しくなるでしょう。 最低でも、引っ越しの3日前には手続きを全て終わらせなくてはいけません。 移転の連絡をしたら、精算してのち引っ越したい時など、引越しの当日に、 今まで使用した電気料金を、集金に訪問してくれる場合もあるようです。

引っ越し日に、お金を支払えれば、スッキリと精算を終えることが可能となります。 また、精算を終わらせれなくても、新しい住まいに請求書を発症してもらうことが可能です。 そして、電気料金を、クレジットカード払いや、口座引き落としにしている人で、継続する場合は、 その状態のまま口座から引き落とすことも可能となります。 クレジットカードはなくすと大変ですが、このような引き落としにすると、一括で払えるので 便利です。

住所変更の方法続き

引っ越し前の用意とし、電気と同時に、移転手続きを終了させたいのが、ガス会社の手続きでしょう。 ガスの検針表や、おくられた領収書に記載してある、担当のガス会社へ、閉栓の連絡をしましょう。 契約者本人が、電話をしますが、電気会社へ電話した時と同様、何個か質問などがあるようです。 現住所、契約者氏名、更に、引っ越す日程、そして、転居先の住所、ガスのお客様番号、 こういったものが必要となるので、電話の前に準備しなければなりません。

携帯電話

電話をかけたのちに、様々なこと聞かれ「新住所はどこに書いてあったかな?」や、 「お客様番号はどこにあったかな?」などといった、探し物をしている状態なら、手続きも終わりません。 連絡事項を電話の前に用意して、電話をかけるといいでしょう。

ガス閉栓の連絡も、引っ越す3日前には申請をすれば、引っ越し当日にガス会社から集金が来るでしょう。 そこでガス栓を停止してくれるので、今までのガス料金を精算が可能となります。 メーターが、室内に設置されているときは、契約者の立会が必要で、引っ越し当日にガス会社が来たなら、 きちんと家にいましょう。

ポイント 引っ越しで出入りを繰り返して荷物を運搬したり、バタバタしてるでしょうが、 約束の時間は、きちんと家にいましょう。ガス料金も、当日、今までの分を払うのか、 新居へ請求書を送信するか、前の口座振替を、引っ越した後も使用するなら、このままの状態なのか、 そういった支払の手順もこちら側が選ぶことが可能となります。

引越し準備の荷造り方法の基礎知識