効率の良い引越し準備の方法の基礎知識について

サイトマップ

トップバナー

引っ越しの荷造りをしよう!

あなたは、引越しの準備のときに荷造りでこまったことがありますか? 引越しの準備には、近くの店舗で頑丈な素材のダンボールを買って荷造りする方法もありますが、費用をかけたくない人は、スーパーなどダンボールを無料配布しているところでダンボールを 手に入れ、荷造りの際に無駄な費用を削らす方法もあります。

引越し準備で使用する、ダンボールはスーパーなどで、無料配布されていま すが、スーパーであれば、様々なサイズがあるので、様々な荷造り方法に対応 できて役立ちます。こういったダンボールはレジ付近に「ご自由にどうぞ」と書いて あるコーナーがあるケースも多く、そこにあるダンボールを引越し準備の荷造り に必要なだけ持ち帰っていいのです。

キャリー

ダンボールは無料で提供のものを

引越しの荷造りために、有料のダンボールを買うと費用がトータルで高くなるので、 引越し準備の際にはできるだけ、無料のものを使うほうがよいです。誰でもできる限り、 無駄なお金を使わずに引っ越し行いたいものですよね。引越しの荷造り方法 でも、このようなも考えながら行う必要があります。

封をした段ボール

買い物ついでにダンボールを

ですが、「買い物もしないのにダンボールだけを持って帰るのはちょっと。」 と躊躇する人も多いでしょう。ただ、それは一切気にしなくていいです。 あなたの他にも引越し準備で、もらった段ボールで荷造りをしている人は多くいるのです。 どうしても気になるなら、何か安い物を購入して、ついでにダンボールを もらうとよいです。

スーパーでダンボールをもらう

中身のない段ボール

スーパーで引越しの荷造りに必要なダンボールが目の届く場所 にないことが多いですが、店員に声をかければ奥からとってきてくれることが多いです。 別の倉庫に案内され「好きなだけどうぞ」と言われるケースもあります。先の通り、 さまざまなサイズがあって大きな物があるので、引っ越し荷造りにピッタリの物がみつかります。

ただ、大きなダンボールに、重たい物をつめすぎてしまうと、とても 重たくなってしまうので注意が必要です。持ち運びが大変になってしまいます。なので、 、みかん箱程度の大きさのダンボールも もらうようにしましょう。

引越し準備の荷造りに必要な分だけ

ポイント 荷造りに役立つ、ダンボールは100円ショップでも、無料配布しています。 ただ、この場合も別の場所にダンボールが置かれていることが多いので、そういった際は 店員に声をかけて、荷造りに必要な分だけもらいましょう。 あなたの家の近所に100円ショップがあれば、こういった事も、引越の準備を楽にする方法として覚えておくと便利です。レジのそばに引越し準備の荷造りに使用するダンボールを 置いてある100円ショップもあるので、そういった店舗であれば、声をかける必要はないです。もし気になるのであれば、 近くの店員に一言かければまったく問題ありません。逆に店側からすると、ゴミにしかならない段ボールをもっていってくれることは 嬉しいことなのです。知らない人は段ボールを買ったりしますが、これはすごく損です。廃棄される予定の段ボールなら いくらでも無料です。多少の汚れやキズもありますが、引っ越しが終わればいらないものなので、気にすることはありません。 引っ越し業者が有料で用意するものを買う人も多いですが、無料で手に入るものなので有料段ボールで引っ越し費用をわざわざ増やす必要はありません。

 

https://www.tanteisan.com/
https://shounani.co.jp/



引越し荷物を包む物

新聞イメージ

引越し準備の荷造りにはダンボールの他にも、新聞紙など、引越し荷物を包む物も必要です。 もし新聞紙や古紙が手元にないなら、近所の新聞屋で古紙をもらえます。 案外このことを知らない人が多いのですが、これも知っておくと役立ちます。 また、人に古紙をわけてもらってもよいです。さらに、引越しの荷造りで 大切なのは、ガラス製品や割れ物などは、しっかりと新聞紙や、古紙などで包むこと です。

引越し準備の荷造りで、エアキャップを購入して荷造りする方法をとる人がいますが、 このようなものを利用すると、思った以上に費用がかさみます。 そういった費用を減らすには、新聞紙と古紙を使えばよいのです。 古くからの方法ではありますが、お皿などの割れ物は新聞紙などで包むと割れにくくなります。 引っ越しの予定が決まったら、新聞紙や古紙は捨てずにとっておくようにしましょうね。

不要な雑誌や本を使用するのも一つの方法

ポイント また荷造りで、新聞や古紙を使うのもよいですが、 家にある不要な雑誌や本を使うのも役立ちます。雑誌や本は 小さいので、大きな新聞紙を荷物のサイズに合わせて小さく破る必要もないので、 荷造りにかかる時間を短くできるので非常に便利です。

ただ、新聞、古紙、雑誌等を使って荷造りする際は、 新聞等の文字が白地の荷物にうつってしまうケースがあります。 それをさけるため、新聞等の下にティッシュなどを挟むようにしましょう。 このティッシュを挟む方法は知っている人が少ないので、引っ越しを考えている人に教えてあげると喜ばれます。荷造り一つをとっても、このようにさまざまな便利なテクニックがあります。ちょっとした知識ですが、知っておくだけでも引っ越しのはかどり具合が劇的に変わってきます。引っ越し慣れしている人に色々準備について聞いてみるのもテクニックです。 単身赴任などで引越しが多い人は慣れているので、効率よく引っ越しを済ませるノウハウをもっています。



プチプチを集めておく

引越しまで準備時間があるのなら、さまざまなサイズのプチプチを集めておくと食器などガラス製品がしっかり包装できて壊れる心配もかなり減ります。ただ、プチプチを引越しまでに集める時間がないならタオルを使って梱包してもプチプチと同じようにできます。

タオル

タオルを使用した引越しの荷造りですが、ガラス製品の破損を防ぐために、 食器をダンボールに並べ、その上にタオルをしき、その上に食器を 重ねます。この方法なら、食器を1つずつくるむ手間が省ける ので時間を短縮して荷造りができるというメリットもあります。

中身が何なのかを、側面、上、底にメモする

また、荷造りの際にマジック、ガムテープも必要です。 荷造りの際にマジックを効率的に使う方法は、ダンボールに物を入れた後に、 中身が何なのかを側面、上、底に書いておきます。1面にしか書いてないと、 新居にダンボールが入る際に、面がずれて書いた文字の面が下を向いてしまい、 何が入っているかわからなくなります。なので、引越しの荷造りの際は、 全面に何を入れたか書いておきましょう。

ガムテープ

ポイント ガムテープを使う際は、ダンボールに、十字にガムテープを貼って 強度を強化させ、途中で開いたり底が抜けたりしないようにします。 ただ、ガムテープを張りまくると、新居でダンボールを開けるときに、 手間どってしまうので注意しましょう。重要な荷物はガムテープでしっかりとめ、 壊れない軽い荷物などには、簡単にガムテープをするだけでよいです。これだけでも新居での作業を少なるすることが できます。テープの貼り方一つでも、作業が効率化できるのです。 素人でも簡単に要領よく準備できれば、時間のかかる引っ越し作業も格段に素早くなるのです。 引っ越しの時間が遅れて追加料金などにならないためにもこのようなことは大切です。早く終わることで安くはなりませんが、 遅くなると追加料金が発生するのです。安くしたつもりが逆に高くなってしまうケースもあるのです。あまりガツガツ しすぎて安く済ませようとするのは逆効果になるのです。あまりに安くしてしまうと事故の元です。


https://www.sougi-sos.com/


引っ越しの荷造りのポイント(日用品以外から詰めていく)

使っていなかった物からダンボールに詰める
本

さて、引越しの荷造りを効率的にするには、日用品以外から詰めます。 いきなりテーブルの上の物や机の周りの物、身の回りの物などをダンボール に詰めてると引越し当日までに、ふいに必要な物が出てきて、ダンボールを開け直したり、二度手間になり、無駄な時間を使ってしまうケースがあります。

ですので、まずは、押入れの中や タンスの奥にしまっていて、ずっと使っていなかった物からダンボールに 詰めていくようにしましょう。このポイントは普通からすれば反対なのでは、と思うかたもいますが、 この方法だと、ダンボールが普段使わないものから下に入り、必要なものが上にいくので、引っ越し先 での作業が非常に楽になるのです。考えてみれば当たり前ですが、引っ越しの初心者の人は そこまで考えず、段ボールを単に積み重ねて後で大変な思いをしてしまいます。このポイントを押さえて おくだけで、準備が簡単でスムーズになります。

早く引越しの荷造り準備を始める

ポイント また、引越し準備で荷造りしたダンボールの積み方も大切です。 荷造りで、本や雑誌の場合は重たく安定しているので、 そのダンボールの上に、ある程度までなら他のダンボールも重ねられます。 ですので、重たく安定したものを下にして軽い物を上にするのがコツです。

ただ荷造りしたダンボールが重たいからといって、ワレモノを下にすると破損するかもしれないので注意しましょう。荷造りしたダンボールで重たいものでも、先の本や雑誌など破損しずらい物を下から積むのがポイントです。 せっかくきっちり積んでいるのに中の物が台無しになってしまう事もこのパターンでよくあるのです。わからない場合は 聞きましょう。素人考えで積んでしまって、後から余計な時間がかかったのでは意味がありません。 案外あるのが素人の浅い知恵で作った段ボールの底が運ぶあいだに抜けてしまったりすることです。

 

早く引越しの荷造り準備を始める

なるべく早く引越しの荷造り準備を始めることも大事
スケジュール表

引越しの荷造りは必要な物が揃ったらこれまで説明した方法で、 できるだけ早く準備を始めましょう。 できれば、引越し日が決まった当日から始めるとよいです。 慣れている人は別ですが不慣れな人のほうが多いですよね。 引越しの荷造りは想像以上の時間がかかります。

荷造りを始めるとわかりますが、思った以上に不要な物が でてきます。どれを荷造りして、どれを荷造りせずに捨てるのか、など 迷ってしまい時間がかかるのです。

ポイント 引越しまで時間があるから、と気楽に考えるのでなく、ご紹介したような想定外にかかる 時間も考慮に入れ、できるだけ早く引越し準備の荷造りを始めましょう。 引っ越し作業になれている人は別として、普通の人はあまり引っ越し経験がないはずなので、手続き忘れ などもでてくるケースも多いです。特に郵便関係の手続きは遅れがちですが、後々大変なことになるので、 最初に処理しておきましょう。 最後に、ここまで引越し準備の荷造り方法に関する情報をお伝えしてまいりましたが、 お引越しのお役に少しでもお役にたてれば幸いです。