転校の準備と手際の良い引っ越しの準備

サイトマップ

トップバナー

引っ越し準備と転校の準備

積み上げた段ボール

引っ越しの準備は手間がかかり大変な作業

引っ越しの準備は、とても手間がかかり大変な作業です。 新しい住まいの手続き、退室手続き、電気、ガス、水道手続きなど、やることは山積みです。 一人暮らしの人であっても、引っ越し手続きが多いのに、家族で引っ越すなら、 一人暮らしよりとてもしんどいです。

そして、荷造りが必要な荷物の量も多いので荷物の移動もその分困難になります。 お子さんがいる家庭は、学校の手続きをしっかりしなければなりません。 例えば、幼稚園や保育園に通わせている子供がいるなら、引っ越し前の準備で移転先の自治体に問合わせなければいけない場合もあります。また、学校などの場合は同じ区内に2つ学校が あってどちらでも入学できるようなこともあります。そのような場合はどちらの方がお子様に合っているか、 などを調べる必要もあるのです。

幼稚園児

お子さんに合った幼稚園を

更に、インターネットなどで、幼稚園、保育園を見つけれるので、どういった場所良いのか事前に、 情報収集が大切となります。都心では私立の幼稚園もたくさんいるので、幼稚園のカラーや、教育方針、 更に、施設の充実度も、様々な種類があるようです。 英会話を習える幼稚園もあったり、水泳、体操といったスポーツに力を出す幼稚園もありますので、 お子さんに合った幼稚園を見つけてあげることも大切です。

小学校や中学校の義務教育の最中の子供がいる家は、今、通っている学校へ、転校する事を伝えます。 去らんじ、教科書給与証明書、そして、在学証明書を発行してもらわなければなりません。 引越し先で、市区町村役場で住民票をもらうと、教育委員からどの学校へ入学するのか指定を受けますので、 転入学通知書をもらわなければなりません。お子様が学校に通っている場合は手続きが本当に多くて 困りますので、前もって準備を開始するようにしましょう。

転校の準備もしよう続き

引っ越しを終えたときの話ですが、移転先で指定された所に、教科書給与証明書、在学証明書、 さらに、転入学通知書を出す必要があります。 こういったものが義務教育の転校手続きです。書類がいくつかあるので、あらかじめの準備が大切となります。 そして、高校生の子供がいるのであれば、希望があれば必ず転校生を入学させてくれる学校ばかりではありません。

それぞれ、自治体の教育委員に聞いてみなければなりません。 高校は、編入試験に合格しなければ、転校は難しくなります。 引っ越し準備と同時に、親がお子さんの転校のためにしなければならない準備も様々ですが、 手続きや準備より、お子さんの気持ちのケアを大事に行った方がいいでしょう。

子供

引っ越しで焦っている両親に比べ、お子さんは友達と別れる寂しさ、新しい学校への不安、 とても感じている事が多いです。 子供から見たら、学校が変わるのは、通常、いい経験とは言えないでしょう。

ポイント 転校し新しい友達が出きるか、学校に馴染めるか、そのような不安を抱えているお子さんが多いでしょう。 そして、何より仲良しの友人と離れてしまうのが、さびしいのは事実でしょう。 親であったとしても、新生活に少し、不安になることもあるので、 お子さんはそれ以上に不安を感じていることを分かった上でケアしてあげなければなりません。 話を聞いてあげることや、不安を取り除いてあげられるよう助け舟を出すなど、 準備より大切となるでしょう。大人よりも子供のケアのほうが大事なことも引っ越しの大事な知識です。

引越し準備の荷造り方法の基礎知識