転出届を忘れないように役所へ届出をする

サイトマップ

トップバナー

役所へ届出

引っ越し準備

事務手続きは、様々なジャンルに

あなたは、引っ越のときどんな準備をしますか? 引っ越し準備の中で、忘れてはならない事務手続きはたくさんあります。 区役所、役場で申請しなければならないものは、過程により違うのでどういった申請があなたの家庭に必要かリストにし、一度で終わらせてしまうようにしましょう。 そうでなくても、引っ越し準備に忙しくなるのので、時間に余裕があるときに一回で申請してしまうのがよいです。

不要なものを持参し、スムーズに諸手続きが可能となるようにしてくださいね。 そして、忘れてはならないことが転出届けを貰わなければなりません。 他の市区町村に引っ越す時は、転出届を提出し、「転出証明書」を取得が必要となります。 同じ市区町村に引っ越す時は、引っ越し終えた、2週間以内に、転居届けを出す必要があります。

急ぐ女性

転出届けは絶対に忘れないで

届出先というのは、前に生活をしていた、住所地の市区町村役場です。 本人、そして世帯主が届出の申請をしますが、この時に印鑑と身分証明をしなければなりません。 転出届けは、新居へ引っ越す前に、申請が必要となってしまうので、 忘れた場合、引っ越し先から更に、転出届を取りに行く必要があります。

近所へ引っ越したのでしたら、多少良いと思いますが、遠方に引っ越ししたのであれば、 手続きだけのためにそこへ戻るのであれば、二度手間となります。 色々な引っ越し準備があるので、バタバタすると思いますが、転出届けは絶対に忘れないでください。 発行した、転出証明書、引越し先の転入手続きに使うので大事に保管しなければなりません。

役所へ届出続き

国民健康保険に入っている時、保険者は生活している市区町となります。 なので、他の市区町村にうつる時は、国民健康保険の資格喪失の申請も必要となります。 届出先は、生活していた市区町村役場で、世帯主が申請しなければなりません。 印鑑と、保険証が必要となってくるので注意してください。

届け出は、引っ越しから14日以内に申請しなければならないものです。 転出届を出す際、国民健康保険の資格喪失手続きも、忘れないように済ませなければなりません。 そうして、印鑑登録の廃止の手続きも引っ越し準備の1つとなるでしょう。 実印を持った人が、他の市区町村へ移動する場合、印鑑登録証を持参し、返却しなければなりません。

子供

今の住所がある、市区町村役場に印鑑登録をした本人が申請するのです。 必要となるのは、印鑑登録証です。 転出届を出したときに、手続きいらずで、自動的に印鑑登録が廃止される所もあるようなので、チェックしてみてください。 更に、子供手当を寄付してもらっている所もあると思います。

ポイント数ヶ月に1度、自治体により、振り込まれる子供手当てでも、引っ越し準備として忘れないように手続きしてください。 他の市町村に引っ越す時、子供手当ての、受給事由消滅届の申請が必要となります。 市区町村役場は養育者が申請することになっているので、役場で頂ける届出用紙に書くので、印鑑を持っていきましょう。 同じ市区町村内に引っ越す場合、住所変更届を、提出しなければなりません。 新居でもスムーズに手当てをもらえるよう、子供がいる家は、申請を忘れない ようにしたいです。後からでもできますが、その分手続きがややこしくなり、余計な時間がかかってしまうのです。 場合によっては、元の場所と行き来する必要があり、その分の交通費が時間以外にもかかります。

引越し準備の荷造り方法の基礎知識